虹のサービス 協力会員募集!!

虹のサービス協力者募集

協力会員さんの声

「利用会員さんの喜ぶお姿に魅せられます」/ 協力会員 C・Mさん(活動歴約6年)

商売している実家の専従者である私は、福祉関係のお手伝いなどとても無理だと思っていました。ところが、ある日友人の勧めで「講習会だけでも受けてみようか」と安易な気持ちで「虹のサービス」の登録講習を受講しましたところ、早速活動の依頼が入りびっくりすると同時にとまどいを感じました。そんな初活動から早6年が過ぎようとしています。

長くやっているといろいろな思い出がありますが、一番多い活動は「掃除」です。お掃除は自分も割と得意でキレイ好きなので、サービス精神をモットーにやっています。

軽度の認知症の方がお住まいのお宅にお掃除にいったこともあります。私が片づけたものをどんどん他の場所にしまわれてしまうので戸惑ったこともあります。そういう時は「きっとご家族の方もご苦労なさっているんだろうなあ」と思います。

お掃除は、きちっとやると利用会員の皆さんが大変喜んでくれるので、その喜ぶお姿に魅せられています。そう考えると「なんて良い活動を経験させていただいているのか・・・」といつも活動を楽しみながら続けています。  これからも無理なく活動を続けていきたいな、と思っています。

「生きがいを見つけられました」/ 協力会員 K・Mさん(活動歴約2年)

私が「虹のサービス」の活動を始めたのは2年前、長い間勤めていた仕事を引退したばかりの頃です。仕事をやめてホッとしたのと同時に、急に社会から切り離されたような気がして悩んでいました。自分の明るい性格や健康な体、年齢を重ねた経験を生かして何か社会との繋がりを持てないかと考えていたところ、区のおしらせで「虹のサービス」を知り、「これだ!」と思いすぐに協力会員に申し込みました。

活動する上で気を付けているのは、知らない家庭に入って行う活動なので、会員の方の要望に応えることや、自分だったらどうしてほしいか・・・常に相手の立場を考え、行動することです。このような活動をすることは、自分にとって非常にプラスになっていますし、自分自身生きがいを見つけられたと思っています。2年以上活動している利用会員さん宅では、ご本人と意気投合し、毎回楽しく活動しています。

結婚後は、ずっと中央区で暮らしています。1度ここを離れ、横浜で生活したことがありましたが、どうしても中央区が忘れられず、4年でこの街に戻ってきてしまいました。住み慣れた浜町界隈、隅田川の流れと空間、緑と花の美しい浜町公園や情緒ある人形町など、見たり感じたりするものが沢山あって飽きることがありません。

これからも大好きなピアノやコーラスを続けながら、充実した日々を過ごしていきたいと思います。

お申し込み・問い合わせ先

在宅福祉サービス部