大震災等の災害発生時において、人、物、情報、ライフラインなど利用できる資源が制約を受けるなかでも、中央区社会福祉協議会は通常業務を継続し、早期に復旧を図ることが求められます。そのために、本会では、「社会福祉法人中央区社会福祉協議会業務継続計画」(BCP※)を策定し、平時から災害時に備えた取り組みを行うとともに、地域のみなさまへの普及啓発活動も行っています。

※Business Continuity Plan・・・緊急事態においても事業を継続するための職員態勢、非常時優先業務及び事前準備等を定めた計画

災害ボランティアセンターとは

災害発生時においてボランティア活動をスムーズかつ効率的に行えるよう支援する組織です。

本会は中央区と「災害発生時におけるボランティア活動の支援等に関する協定」を結んでおり、災害時には中央区災害ボランティアセンターを立ち上げ、ボランティアの受入れやコーディネート・派遣などを行い、ボランティア活動を支援します。

災害ボラセン相関図

災害ボランティアセンター運営訓練

災害ボランティアセンター全体の災害支援の仕組みを知り、発災時におけるセンター運営を円滑に行うための訓練を開催しています。

災害ボランティア講座

災害ボランティアに関する正しい知識や心構えを理解していただけるよう、災害ボランティアを志す区民等を対象に講座を開催しています。

被災地支援のボランティア活動を希望される方へ

被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は事前にこちらのサイトをご確認ください。

本会では、被災地支援のための災害ボランティア活動を行う中央区内在住・在学・在勤の方に対し、ボランティア保険料の助成を行っています。
助成申込は直接来所のうえ、「保険料助成に伴う補助資料」にご記入・ご提出いただくとともに、区内在住・在勤であることが分かる証明書(運転免許、保険証、名刺等)の提示が必要となります。
事業所単位での申込の場合は、事前に所定の様式に必要事項をご記入のうえ、必ず事業所印・代表者印等を押印してご持参ください。

保険料助成に伴う補助資料

事業所単位申込様式「ボランティア保険加入申込者名簿(在勤者用)」

問合せ先

ボランティア・区民活動センター

電話:03-3206-0560

FAX:03-3206-0601

メール:vc @shakyo-chuo-city.jp