事業案内

地域福祉コーディネーター、
生活支援コーディネーター

地域福祉コーディネーターは、地域で生きづらさを感じている人や孤立しがちな人に寄り添いながら、必要な支援につなげたり、地域で多世代が支え合う仕組みを作り出していく専門職です。

生活支援コーディネーターは、特に高齢者に対する生活支援や、地域で活躍の場を作っていくための協議体の運営などを行っています。

相談・支援内容

 介護、失業、育児、ひきこもり、病気など、複数の困りごとや生活の不安を抱えながら、相談先がわからず公的なサービスが受けられない場合や、近所に相談できる人がいないため1人で悩みを抱えている場合などに、一緒に解決方法を考え、訪問型(アウトリーチ)による支援を行っていきます。

 困りごとを抱えているご本人や家族、もしくは近所で困っている様子の人や孤立しそうな人がいる場合などは、地域福祉コーディネーターにご相談ください。

  • 相談例
  • ・ひきこもっている家族がいる。
    ・近所にゴミで溢れている家がある。
    ・親を地方から呼び寄せたが、周りに友達がいないので閉じこもりがちで心配。
    ・身体が不調でこれからの生活が不安。
    ・地域に知り合いを作りたいが、きっかけがない。
    ・福祉サービスについて聞きたい。
    ◎年齢、性別、障害などは問いません。秘密は守ります。

おとなりカフェ・ちょこっと相談会

 子どもからお年寄りまで利用できるコミュニティカフェ「おとなりカフェ」と、お困りごとや心配事を地域福祉コーディネーターがその場でお伺いする「ちょこっと相談会」を、勝どきデイルーム(中央区勝どき1-5-1 1階)で開催しています。
(毎月第1・3土曜 9時30分~12時30分、第2・4水曜 13時~16時)

 どなたでもご利用できます。詳しくは「おとなりカフェ・ちょこっと相談会」の紹介ページをご覧ください。

問い合わせ先

地域ささえあい課